そうた窯 スタッフ紹介


そうた窯 窯主 諸隈直哉諸隈 直哉
窯主

そうた窯は諸隈直哉により平成9年開窯。窯名は曾祖父 山口惣太左衛門にちなんでつけました。
料亭や旅館で使われる割烹食器が主流であった有田焼業界の中で家庭で使う食器をつくる窯を開きました。
毎日使っても飽きがこない器を作るために、ロクロ目など手に馴染む形。
そして、絵付けは染付を中心に古典柄をモダンテイストにアレンジした独創的な文様。
これらを惣太窯のコンセプトとして日々制作を行っています。
手作りの器ならではのぬくもりを感じて頂ければ幸いです。

 
窯主 諸隈直哉   

《陶歴》
1954年  佐賀県有田町生まれ
1972年  佐賀県立武雄高等学校卒業
1976年  日本大学卒業
1978年  渡米
1982年  帰国後、貞山窯入社
1992年  九州山口陶磁展美術工芸部門 入選
1997年  有田町外れ狩立の地に「そうた窯」築窯
1998年  九州山口陶磁展美術工芸部門 入賞
 佐賀県美術展覧会 入選
1999年  九州山口陶磁展美術工芸部門 入賞
2001年
 
 九州山口陶磁展美術工芸部門
 文部科学大臣奨励賞 受賞
 佐賀県美術展覧会 入選
2006年以降  九州山口陶磁展美術工芸品部門 入選3回
 西部伝統工芸展 入選



 
------------ そうた窯のスタッフ ------------
 
そうた窯
山下 光利 
チーフデザイナー
人柄がにじみ出る様な細かい線、それに相反する太い線。あらゆる線を使いこなす。
そうた窯
中島 俊裕
素焼・焼成・施釉担当
真面目で丁寧な、素焼・焼成窯担当。焼物の情熱は、窯より熱い。釉掛けも手際よくこなす。
そうた窯
松尾一美
濃(だみ)担当
器にも表れるやさしい心の持ち主。難しい濃(だみ)も魔法のような仕上げる。
そうた窯
熊谷真紀
線描き・仕上げ担当
窯に入る前の釉薬をひとつひとつ丁寧に仕上げる。特訓の末、線描きも兼任する。
 
そうた窯
梶山 和美
濃(だみ)担当
身体は小さいけど窯一番の力持ちとか...。ハキハキ明るいムードメーカー的存在。
そうた窯
松本 淳子
事務・選別担当
窯から焼き上がった商品をチェックする選別担当。テキパキと仕事をこなし明るく元気な女性。
そうた窯
諸隈 千佳
線描き・デザイン担当
2代目として新しいデザインの開発、そうた窯のバージョンアップを目指して奮闘中。